60歳からスリムな体を作るには効率の良いスロージョギングがおすすめ!

毎日ウォーキングを頑張っているのに、「体重が減らない」「特に体に変化がない」と感じていませんか。運動初心者の人でも取り組みやすいのがウォーキングですが、過去に運動していた方や体力のある人がウォーキングでダイエットするなら歩く時間を長くしたり速歩きが必要です。そこでおすすめしたいのが「スロージョギング」。なんとウォーキングの約2倍のカロリーを消費できるんです。その名のとおり、頑張らずにゆっくり走るから、つらくなくて膝などの負担が少ないので60歳からのジョギングにはピッタリ!!
(スロージョギングの効果)
●減量・体の引き締め…消費エネルギーは約2倍。減らせる脂肪も約2倍。継続することで体が軽くなって引き締まったボディラインになっていきます。
●筋肉を使う…将来100歳でも自立を目指すなら、蓄えておくべきは「筋肉」です。歩くだけでは鍛えることができない下肢が強くなり疲れにくくて動ける体に。よりアクティブな生活を楽しめます。
●脳の活性化…走ることで全身の血行がよくなると脳の血流量が増えます。脳の思考力を担う前頭葉の働きも活発になることがわかっています。走った後は、汗もかいて、頭もスッキリ!
(スロージョギングの走り方)
1.スピードは、笑顔を保って隣の人と話ができるくらいにとにかくゆっくり(ニコニコペース)。最初は歩くぐらいのスピード(時速4~5キロくらい)で、慣れてきたら少しづつ速くなっても大丈夫です。ただし、ハーハー言ったらスピードダウンをしましょう。
2.歩幅はうんと小さく、1歩が10~20㎝ぐらいが理想です。1分間に180歩、5秒に15歩を目安に歩数を数えてみましょう。足の回転は結構早く、一定のリズムで小さく足を出すことが大切です。
3.着地はかかとではなく、足の指のつけ根を意識しましょう。あごを上げ、目線は遠方に。呼吸は自然のままでゆったりと呼吸しましょう。( 参考文献:日本スロージョギング協会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です